集英社 Marisol マリソル


今回は、宙組の朝夏まなとさん。
宙組の2番手さんです。

宙組なので『宇宙』ということで、毎日、宇宙の写真を見ていたら「 宝石みたいだな…. 」と思って宝石を描きました。

もう完璧にトップさんと2番手の方、トップ娘役さんたちの名前と顔を覚えましたー。
これで打ち合わせも大丈夫。


CACAO SAMPAKA


オープンしたばかりの頃に行った CACAO SAMPAKA 。
スペイン王室御用達のチョコレート屋さんです。
またあの美味しいケーキが食べたくて行ってきました。
前に来たときはセルフサービスではなかったのですが、セルフサービスのお店に変わっていました。

私が頼んだのはクッキーの生地の中にチョコレートが入ったタルトで、またまたとーーーーーっても美味しかった。
美味しいケーキが食べたいとき、ここのケーキは外さないです。

友人が、ものすごい早さでケーキを食べていくので、不思議に思って一口もらったら、口の中でふわふわふわ〜〜っととろける泡のようなケーキ。
こんな食感初めてで、泡の周りにしっかりした味のチョコレートクリームがついていて、とっても面白かった !!
ゆっくり食べたくても口の中に入れると無くなってしまうので、友達が早く食べていた訳が分かりました。

チョコレート屋さんなので、ケーキもチョコレートでできたものが殆どですが、私が前回食べたモンブランもとっても美味しかったし、ここのケーキは間違いなし !!


Cheburashka


it’s a lots of snow in Tokyo !!!


Sochi Olympic


ソチオリンピックの開会式、間に合った !!
各国の選手が入場してくるところを見るのが大好き♡
いつの頃からかオリンピックの度に開会式と閉会式を録画しています。

いろいろな国のいろいろな顔の人がそれぞれの国でデザインしたコスチュームで現れるので、色使いやデザインを見るのを楽しみにしています。
今回は、アンドラのコスチュームが可愛かったー♡

ロシアのキャラクターってチェブラーシカもミーシャも好きなのですが、ソチオリンピックのマスコットキャラクターのシロクマと白ウサギと雪ヒョウ3匹とも可愛い。
私が子供だったら、日本のキャラクターのぬいぐるみよりロシアのキャラクターのぬいぐるみが欲しいです。

冬のオリンピックの方がかっこいい男の人が多いような気がするのは気のせいだろうか….。
しばらくは、映画を見ずにオリンピックを見ていよう ♪


オステリア ダ バッボ


高校のときの友達と代官山にあるイタリアン、オステリア ダ バッボへ。
道玄坂を登った先にあるお店です。
前菜とメインとパスタ+お茶で2700円。
前菜はベーコンとカリフラワーなどのピクルスとレバーペーストののったトーストとふきのとうなどのフリットでしたが、どれも美味しかった。
メインは鳥の胸肉だったのですが、こちらも柔らかくて、素材も味つけもとっても美味しかったです。
イタリアのミシュラン2つ星レストランでシェフをしていた方がオーナーシェフのお店だそう。
2月末くらいで閉店して、移転するらしいです。

オステリア ダ バッボ


Wendy and Lucy


ウィンディー & ルーシー。
ルーシーは犬の名前。
ウィンディーという女の子と愛犬の可愛いお話かな….と思ったら、全く違っていました。

ウィンディーは、住所も電話もない女の子。
職を求めて、ボロボロの車で犬のルーシーと一緒にアラスカへ向かっています。
途中寄った見知らぬ街でルーシーの餌がなくなってしまいました。
ルーシーをスーパーマーケットの外で待たせ、犬の餌を確保するためにスーパーマーケットに入るのですが、お金のないウィンディー、まさかの万引き。
支払わずに出るところを店員に呼び止められます。
そのまま警察で時間を費やしている間に旅の共、ルーシーがいなくなってしまい、車も故障し、エンジンがかからなくなり、その町でひたすらいなくなったルーシーを探すウィンディー…..。

「え?ここで終わり?」という終わり方で、ちょっとビックリしましたが、色使いが可愛かったり、ウィンディー役のミッシェル・ウィリアムや他の出演者の演技がとっても自然で真実味が合って好きな映画でした。
ウィンディーはずっと同じ洋服で、シーンもほとんど同じで、出演者も5人くらい。
見ていて温かい気持ちになったり、切なくなったり、気持ちが重くなったり、短い時間にいろいろな気持ちになれました。
『 低予算の制作でもいろいろな気持ちにさせてくれる映画が作れる見本 』のような映画。


cova tokyo


土曜日の丸の内仲通りは思いのほか人出があって、なかなか席が空いているお店がありませんでした。

何年か前にメトロミニッツ誌で丸の内仲通りのチョコレートを描かせて頂いたことがあったので、チョコレートを描いたお店を順番に見て回ったのですが、どこも混んでいたので、どんどん仲通りを有楽町方面へ…..。
やっと有楽町にある cova tokyo に席がありました。
丁度、ザ・ペニンシュラ ホテルの前のレストランです。

私はチョコバナナタルト、友達はチョコレート風味のクレームブリュレを食べました。
お正月に毎年香港へ行っていた友達は、香港の cova へよく行っていたそう。
香港ではお昼に小さいケーキがたくさんとイタリア料理が食べれるビュッフェがあるそうでした。
東京のお店もお食事ができるようなので、今度パスタを食べにこようと思います。

休日の丸の内仲通りは端の方のお店の席が空いていることが判明。

cova tokyo


東京家族


山田洋次監督の『東京家族』を見ました。
時代は、平成なのに映している風景や言葉使いからひとむかし前の映画のようで懐かしい気持ちになります。
スカイツリーも昭和の建物のように見えました。

小津安二郎監督の『東京物語』のオマージュ的作品です。
田舎から東京に来た両親をもてあます東京住まいの忙しい子供達(と、いってももう大人ですが…. )。
特に娘のところは ” お祭りや飲み会の方が親より大切なのかな? “と思うような態度だったので、ご両親が気の毒でした。

原節子さんの役は誰なのかな?と思ったら、次男役の妻夫木さんのまだ結婚していない恋人の蒼井優さんでした。
何度も涙してしまった。
いい映画でした。
吉行和子さんのお母さん、いつもニコニコしていて癒されました。
山田洋次監督の映画は『男はつらいよ』ファンの母と子供のときから毎年お正月になると映画館で見ていましたが、やっぱりいいなー。

東京家族




ビストロ ドゥーブル


丸の内仲通りにある ビストロ ドゥーブル でランチ。
仲通りはカフェの数が少ないので、どこも混んでいます。
ほとんど大手町にある永楽ビルは、まだあまり知られていないのか年末に来たときも空いていたので、土曜日もこちらのビストロへ。
すぐに座れて、注文ができました。
前菜とメインとお茶で2300円。
私は前菜にお魚のカルパッチョ、メインに バベット ステーキを頂きましたが、両方とも美味しかったです。
お肉の量がメニューの写真よりもたっぷりあったので、お腹がいっぱいになりました。

BISTRO DOUBLE